ドラム式から縦型洗濯機+乾燥機に買い換え!共働き+保育園児にはこれがベストです!

ミニマム家事

先日、結婚以来約10年間使ったドラム式洗濯機(乾燥機付き)が、とうとう壊れました。我が家で10年間酷使されたドラム式洗濯機はこちら。日立のビッグドラムBD−V2200。当時としては最新式で、20万円くらいはしたと思う。(画像お借りしました)

正確には完全に故障して動かなくなったというわけではないのですが、エラー頻発で洗濯が途中で終わる、センサー誤作動による泡消し運転が延々と続く(この誤作動には長年悩まされました、、)、洗濯槽洗浄を繰り返してもなんとなく洗濯物が臭う、など最終的には乾燥機能ではなく洗濯機能がダメだこりゃ、となり、騙し騙し使うのもストレスいっぱいになり買い替えることにしました。

スポンサーリンク

我が家の洗濯スタイル

洗濯ものは、基本的に外に干しません!オール乾燥機。たまに、シワになりやすい服や、シーツなどの大物は脱衣所や浴室に干しますが、基本的には全部乾燥機に投入。最近の乾燥機は服が劇的に縮むってことはないし、何よりタオル類がふかふかになるので、干す手間も考えたら乾燥機一本です。なのでドラム式は毎日洗濯から乾燥まで酷使していました。

ドラム式を10年使った感想まとめ

およそ10年、ドラム式を使ってきたのでその感想をまとめます。

ドラム式のいいところ

ボタンひとつで洗濯から乾燥まで終了!これに尽きます。子供達が保育園から持って帰った大量の洗濯物も、寝る前に洗濯から乾燥まで連続運転にかければ、朝になれば全部乾いています。洗浄力も、乾燥機能も特に問題ないと思ってました。それなりに汚れは落ちるし、ちゃんと乾く。そう、調子がいい時は、こんな便利なものないし、何の問題もないんです・・・・!

 

ドラム式の不満点

1)不具合多発

調子がいい時はいいんです。こんなに便利なものないと思いってました。ただ、使用するうちに調子が悪くなることが多くなり、とても手がかかるようになってきました。乾燥ユニットを交換したり、全面ドアのパッキンが突然破れて水がだだ漏れになったり、10年間で何度も修理の方にメンテナンスに来ていただきました

ビッグドラムユーザーには有名のようですが、延々と繰り返す”泡消し運転”に悩まされ、何度か分解掃除を依頼した後は(修理代もったいないので)自分で定期的に分解して掃除してました。空気の循環する場所(フィルターの奥)を自分で分解掃除した時の写真がこちら。

き、汚い。。こりゃ調子悪くなるわけです。そもそもこんなところにホコリがこんなにたまるなんて設計に問題あるんじゃないかなあ。。最新型ではどうなんでしょうか??家事の時短のための乾燥機なのに手がかかりすぎじゃーー、と便利さよりもストレスが上回るように

2)洗濯中に乾燥ができない

あたりまえですが、一つの機器で洗濯、乾燥おこなうので、旅行やキャンプからの帰宅後、また週末にまとめて大物を洗いたい時など待ち時間が長くなってしまうのが難点でした。

3)タオルが臭う・・・

はじめは気になりませんでしたが、何年か使ううちに、きちんと乾燥したタオルを、もう一度使ったときになんとなく嫌なにおいが。乾燥後は特に臭わないのですが、もう一度濡らしたときになぜか臭うんです。もしかしてきちんと汚れが落ちてない&すすぎができてないのかな?という疑惑を抱くようになりました。ちなみに洗濯槽洗浄は専用洗剤で頻繁にやっていた方だと思います。フィルター類のお手入れも毎回やっていました。

4) 水量の調節ができない

以外に一番の不満はこれかも。ドラム式はおそらく回転の時のバランス維持のため、乾いた衣類の量を検知して水の量が自動で決まります。HITACHIの場合、自分で水量を変えることは全くできませんでした。これが地味ですがかなり不便なのです。

とくに子供の泥だらけの服や嘔吐物のついたシーツなどを洗う時。いくらズボラな私でもさすがにそのまま洗濯機には放り込めません。風呂場である程度流してから、さあ洗うぞと濡れた洗濯物を洗濯機に入れてスタートすると、HITACHI的にはそんなこと想定していないので、乾いた洗濯物が超大量に入っていると判断され、”重すぎで運転できません”的なエラーになってしまうんです。

このエラーの対処法としては、1)脱水してからスタートする(すなわちかなりの多めの水で洗浄される)もしくは、2)適度な量の洗濯物を入れてスタートし水の量を決めてもらったあと、一時停止して蓋をあけ、本当に洗いたい濡れた洗濯物をいれる(超絶めんどくさい)。の二択となります。。。

そんなこんなでドラム式の便利な点より不満点のほうが多くなってきたので、買い替えに伴い縦型洗濯機+乾燥機に変更することは念願だったのです。

我が家の新しい縦型洗濯機&衣類乾燥機はこちら!

まずは乾燥機から。日立の衣類乾燥機(DE-N60WV-W)を購入しました

世の中の流れはドラム式か高機能縦型洗濯機かのどちらかのようです。単独の衣類乾燥機はTOSHIBA, Panasonic, HITACHIがそれぞれ一機種ずつ生産しているだけでした。近所の量販店に在庫あり&翌日配達OkなのがHITACHIのみだったので、悩む余地なし。容量も5kgと6kgの二種類だけだったので、シーツなど大物の乾燥も考慮し大きい方に決定。

そして、洗濯機はこちら。日立 全自動洗濯機 ビートウォッシュ 10kg (BW-V100B N)を同時に購入。

乾燥機をHITACHIにしたので、同じHITACHI同士だと洗濯機に取り付ける金具で乾燥機を固定できる(専用の台が不要)とのこと。縦型の上位機種には乾燥機能も付いていますが、乾燥器があるためこれも不要。機能がシンプルで高い洗浄力をうたっていること、在庫があったことから、こちらに決定。容量は9kgか10kgで悩みましたが、値段がなぜか10kgの方が安く設定されていたので、大は小を兼ねるで10kgに決定。

設置するための金具も忘れず買いましょう。

賃貸団地住まいですが、たまたま洗濯機パンの上に棚や凹凸などない構造だったので、無事に設置完了。かなりの圧迫感ですが。。色もちぐはぐ( ´∀` ) ビートウォッシュ10kgに白がなかったのです!シャンパンベージュは最近のHITACHIの押しのようですね。高級感があるような気も・・・しますかね?

とにかくすっきり洗える!カラッと乾く!

いざ、使用してみての感想です。

久々の縦型洗濯機、水がじゃぶじゃぶ出てぐるぐる洗えているのを目視で確認できて感動! そして念願の”濡れた洗濯物を洗う”のも水量を適当に自分で決めればOK. なんなら途中で継ぎ足しもOK. この自由度が嬉しい。

そして単独乾燥機、思ってたより早く乾く。容量の2/3程度で2時間弱で乾く感じ。ドラム式は乾燥に3時間くらいザラにかかっていたので、トータルの時間もだいぶ短くなったように思います。

価格も最新式のドラムを買うよりも、縦型洗濯機+独立乾燥機の2機分の方がやすあがりでした。

気になる光熱費は・・・

正直に言うと、買い替え前と後で光熱費は上がってしまいました。昨年に比べて水道代で月1000円弱、電気代で月に500円ほど上がっています。水道代の上昇は明らかにじゃぶじゃぶ水を使う縦型洗濯機によるものだと考えます。電気代は今年の6月から続く猛暑のせいもあると思うので、乾燥機の変更によるものではないかもしれません。このように光熱費は少し上がってしまいましたが、洗濯が快適になったので我慢できる範囲かと。

そして臭っていた問題のタオルは、ためしに熱湯に漬けて放置してから洗濯したら、無臭になりました!!

おそらく生き残っていたバクテリアたちが熱湯消毒されたためだと思われます。原始的ですが、臭うタオルに熱湯消毒、効果抜群ですよ。捨てる前に試してみる価値ありです。

まとめ

以上、我が家では10年弱使用したドラム式洗濯乾燥機から縦型洗濯機+独立乾燥機に買い換えて大正解でした。

共働き+保育園児の家庭で、ドラム式?縦型?と悩んでいる方、設置スペースがあれば縦型+独立乾燥機を全力でオススメしますよ!

コメント